【お料理】ギーを作ってみた 作り方からできる量までわかる動画

シェアする

どうも、たっちゃんです。

先日ご紹介したギーを作成いたしましたので、ご報告させていただきます。

ちなみに私が前回知りたかった内容でネット上に載っていなかったことはこちら。

  • バター〇〇gで何gのギーができるのか
  • どんな鍋を使えばいいのか
  • 注意事項は?

という感じですね。特に一つ目が一番気になりました。ということで紹介していきます。

準備するもの

準備するものはこちらです。

・フライパン(evercook:20cm)←焦げにくくおすすめ
・無塩バター(450g)
・密閉保存容器(アルコールで除菌しておきましょう)
・網ザル → コーヒードリッパー
・キッチンペーパー → コーヒーペーパーフィルタ
 ここでは2つ気になることがあります。
まず、鍋です。作るときは径の大きい鍋(フライパンなど)がおすすめ。弱火でじっくりと温めるため大きい方が溶けやすく、焦げにくいです。
続いてバターから脂肪分を取り出す際に必要なものですが、これはほかの方を参考にしてザルとキッチンペーパーを用意したのですが、失敗しました。後で説明しますが、確実にコーヒードリッパとフィルターがおすすめです。

ちなみに、バター450gからギー297g(容器の重さは除いています。)をつくることができました。

動画作ってみましたが、垂れ流しです。

どうやって一部だけ倍速にするのか調べ中です。

以下工事中

気になるその効果こちら、

  • 免疫機能の向上
  • 炎症やアレルギーの緩和
  • 便秘改善
  • 善玉コレステロールを増やす
  • 肌に良い

など様々な良い効果が期待できます。たっちゃんのカレーダイエット企画から変更したいぐらいですw。(気になる方は見てみてください。毎日更新中です。)

ギー摂取の注意事項

色々と調べていくと、2つ気になることがありました。気を付けてくださいね。

  • 1g=9kcalもあるので、一日の摂取量は30cc程度まで
  • はちみつと一緒に摂取すると、体内で消化されない毒素となる

ギーの作り方

先ほど書きました通り、無塩バターをコツコツと煮るという作業になります。

実際、クックパッドで「ギー 作り方」と検索すると7件ヒットしました。

クックパッドURL:https://cookpad.com/search/ギー%20作り方

本当に用意するのは無塩バターのみのようですね。(400g以上で作る方がよさそう)

無塩バターはこちらがお安くオススメ!

でも、作るのが面倒・・・

大丈夫です。出来上がったものを買いましょうw。

1瓶で200g2000円くらいで買えます。

いかがでしょうか。お料理に小さじ1杯程度でいいらしいので、私は今週中に無塩バターを購入して一度手作りしてみようかと思っていますが、面倒なら1瓶購入してしまうかもしれません。  その様子は改めて報告いたします。

作ったことある方や、使用したことがある方コメントいただければ幸いです。

↓ぽちっとお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。