【簿記2級勉強会 序論】簿記は簡単?一日2時間半年以内に合格

シェアする

どうも、たっちゃんです。

遂に始めます。簿記の勉強サイトの運用です。

私も満点をとれたわけではないですが、150時間ぐらいの勉強で資格をGetしました。(ちなみに理系出身、もちろん会計事務の経験などありません

毎日2時間、勉強時間を確保すれば土日を抜いても4か月もあれば合格できます。

なぜ私が簿記を勧めるのかはこちらをご覧ください。

簿記はどこでも使える、そして事務のパートを探す際にもものすごく役立つスキルなんです。

勉強を始める前に、簿記2級の試験の構成やこのブログでお助けしていくことなどを説明していきたいと思います。

簿記2級 試験構成について

試験範囲の詳細については、日商簿記のHP(こちら)をご覧ください。簡単にまとめると試験の構成は主に次のようになっています。

概要
問1 仕分け
問2 連結会計、本支店会計、税金、固定資産
問3 貸借対照表、連結精算表、損益計算書、株主資本等変動計算書
問4 個別原価計算、費目別計算、標準原価計算
問5 工程別総合原価計算、直接原価計算、CVP解析

これはほんの一部になります。でも、試験に受かるためには簡単な攻略法があります。ほんとですよ。

たっちゃん式 合格のための勉強法

皆さんは学生時代を振り返ってどのように勉強してきましたか?

①100点を取るつもりで勉強するため、教科書をすべて暗記する

②合格点より少し上の点数を取れるように要点を覚えるようにする

③過去問だけ解く。その代わり、過去問は完ぺきに解けるようにする

こんな感じでしょうか?私はこれまでは①の人でした。(小心者のため、無駄に勉強するタイプですね・・・)

しかし今回は②を選択し勉強しました。なぜなら

出題範囲がかなり多く、初心者には厳しいから!

です。

でも、合格してみてわかります。これは効率よく勉強したら余裕ではないのか?

次に進みます。

得点源を逃さないように勉強する

合格してみてわかりました。このテスト、問1、問4、問5はほぼ過去問と同じ問題です。

つまり過去問さえ解くことができれば、何とかなるんです。

しかも満点が取れます! ←ここ重要

という訳で長々と話しを進めてまいりましたが、このサイトではこの3つの問に絞って、勉強していきたいと思います。問2,3は問1が解けなければ話になりません、というか解けません!ですから少しづつ勉強をしていき、追い込みで問2,3を勉強するべきだと思います。

問2,3には勉強時間の半分を使うぐらいの予定の方がいいとおもいます。

オススメの勉強本はこちら↓

↓ぽちっとお願いします
このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。